飲酒運転の人身事故

飲酒運転をして人身事故を起こしてしまう方もいます。
日本では現在飲酒運転に関して、非常に取り締まりが厳しくなっています。
それほど事故の危険性もあり、相手を死亡させてしまうことに繋がるということです。
飲酒運転はドライバー本人が防ごうと思えば確実に防げるものなので、それぞれのドライバーが自覚を持って防止するようにしましょう。
また、家で飲む場合は対応が難しいですが、居酒屋やバーなどの飲食店でのお酒の提供も近年厳しくなっています。
車で来ている方にはお酒を提供しない店も多くなっています。


ただ、これもドライバー本人に寄ってしまうものなのです。
例えば店側が「お車でご来店いただきました方には、お酒を提供できないのですが」と言っても「車で来てない」という方に対しては提供してしまうことになります。
実際に来店する客の移動手段を全て把握することは難しく、店側が知らないうちにお酒を提供してしまっていることもあるので、その点は厳しく対応していくことが必要です。


ドライバーが車で来ていることを知りながら店側がお酒を提供した場合、そちらも罰せられるので注意が必要です。
どちらにせよ、運転手が車に乗るなら飲まないということが絶対条件です。
万が一飲酒運転で人身事故を起こしてしまった場合は、普通の事故よりも厳重な処罰が科せられます。
人身事故の過失に加えて飲酒運転の処罰もあるので、人生が狂ってしまうことにもなります。
このサイトでは、そういった飲酒運転に関して説明します。


☆特集
人身事故など交通事故を起こしてしまった場合に無料アドバイスをもらえる専門家のサイトです ⇒ 交通事故

Copyright © 2014 飲酒運転は人身事故の元 All Rights Reserved.